安易に交配させないためにダックスの発情期には注意が必要 発情期の時期は?

スポンサードリンク


犬にも発情期があります。発情した際は動物的本能で交配行動に移るのですが、子犬が産まれてもしっかり飼える状況などが整ってない場合などは交配自体を避ける動きをしないといけません。
そこでダックスフンドの発情期や交配について紹介しています。

安易な交配は危険!ミニチュアダックスフンドの発情期に気をつけること

犬の場合も人間と同様、妊娠や出産に備えた身体作りをする必要があります。
特に太りすぎないよう注意が必要です。太りすぎの犬は妊娠しにくく、難産にもなりやすいです。環境や運動、食事には配慮しましょう。

ミニチュアダックスフンドは生後7~8ヶ月(まれに5ヶ月)で1回目の発情期を迎え、2回目以降の交配をまつことで、歯は犬の生涯を通しての健康な子犬の獲得数が増加します。
普通は1度に2~5頭産みますが、個体差があるので絶対とはいえません。

発情期は年に2回あり、生まれやすい交配適期は牝が出血した日を第1日として、11~13日目が良いとされています。これも個体差によって3~4日のずれがあり、近年では無出血のケースも増えています。
このような場合、交尾を待って尻尾を横にしていたり、外陰部が柔らかくなることが交配適期のサインとなります。見逃さないようにしましょう。

とはいえ、発情期の度に交配させては母胎に良くないという説もあり、時には交配を避けるべきともいわれています。何より交配に関わる金額もかかるため、増やしすぎるのもよくありません。参考までに出産にかかる費用を列記します。参考までにどうぞ。

ミニチュアダックスフンドの出産にかかる費用

・交配料(1回):3~20万円程度
・動物病院診療料金(1回につき):5000円程度×2
・動物病院での出産費用:5~8万円
・畜犬登録料:3000円程度
・予防接種(1回につき):1万円程度
・狂犬病予防接種:2750円
・合計:11万円~31万円程度

交配前後に注意すべきポイントをチェック!

交配させる前には血統書と健康診断書を用意しておきましょう。
交配当日、最良の体調となるように気配りをし、当日は食事を抜き、排便や排尿を済ませておきます。オス犬の居所が遠方であれば、前日に出発するなどゆったりとしたスケジュールを組んでおきましょう。
オス犬は牝の初常時の臭いに刺激されて興奮しますし、最初交配がうまくいかない場合でも人が介助しますので心配いりません。
他にミニチュアダックスフンドの交配や妊娠、出産についてわからない点があれば、獣医師さんなど経験豊富な人によく効いてみましょう。

多頭飼いの場合同時期に出産しないように

多頭飼いで飼っているミニチュアダックスフンドの性別が違うと、発情期に気を遣いましょう。特に3頭以上飼っているとオス犬同士が闘争心をぶつけ合い、重傷になるケースすら有ります。
同時期出産を避ける理由としては、子犬のしつけに負担も一つです。できれば初代のしつけが終わってから2代目のしつけに入るのが理想的。初代から2代目の間は最低でも1年の間をおいておきましょう。

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。