ロングヘアードのダックスの被毛の手入れの仕方

スポンサードリンク

ダックスという犬種一つとっても、被毛には様々な種類があります。
そして被毛に合わせたグルーミングが必要です。ここではロングヘアーのダックスのグルーミングについて紹介していきます。

ロングヘアードの被毛の手入れ

ロングヘアードは絹糸状の細長い柔毛に覆われています。この体毛は柔らかい分絡まりやすく、毛玉になると最悪の場合、身体の脂とくっついて固まり、ほどくのはほぼ不可能です。そのため毎日のブラッシングを必ず行いましょう。

ブラッシングを行う際、被毛が切れたり痛まないようまずは毛玉やもつれを手やコームで丁寧にほぐしておきましょう。
コームはすっと通るまでほぐし、毛量の多い尻尾や股下、脇の下は特に丁寧にほぐしましょう。

そして、体毛が切れないように静電気防止スプレーを振りかけ、小さくクッションのやわらかなピンブラシでブラッシングを行います。
耳の飾り毛は付け根から先に向けて。背中は頭から尻尾にかけて毛並みにそって優しくブラッシング。尻尾も表は付け根から尾の先にかけて、裏は尾先から付け根にかけてブラシをかけましょう。
お尻や内股は外に向けて広げるようにブラシをかけていくと衛生上きれいに整います。
お腹は片腕でミニチュアダックスフンドを抱き上げ、直立させるか仰向けにして上から下にブラッシング。手早く行いましょう。
胸は片手で犬の顔を上に向け、上から下にブラシをかけましょう。毛の量が多いのですっと通るまで何度でもやりましょう。
全ての箇所が終わったら、最後にコームを軽く身体に入れ、全身の毛並みを整えて落ち着かせたら完成です。

ブラシもコームも力を入れてとかすと、皮膚を削ってしまいケガをしてしまいます。ブラシの重さを利用し、流れに沿ってブラシをかけましょう。

肛門周辺やパッド、耳の内側の被毛などは、衛生上定期的にカットしてください。美しい容姿にこだわることも大切ですが、まずは犬の健康状態を維持することが第一です。
ロングヘアードは部分部分のトリミングを行うことで、見違えるかのように美しくなります。もちろん作業中は刃物の取り扱いには気をつけ、切りすぎないようにしましょう。

ロングヘアードのトリミングに必要な道具


・はさみ
・鋤きはさみ
・コーム
・スリッカー
・ピンブラシ

ロングヘアードのトリミングポイント

ロングヘアードのトリミングは、ひげやむだ毛をカットすることが大切です。
通気性を良くし、不潔にならないよう『耳孔をふさぐ内側の付け根毛』、『目の上のひげ』『足裏の毛』『指の間の綿毛』、『肛門にかかる毛』は全て短くカットしましょう。
また、あごのひげも食事の際に誤って体毛を食べてしまわないよう根元から切ってしまいましょう。

指の間の綿毛はスリッカーで逆立て、足先を丸く整えるように鋤きはさみで整えましょう。

衛生上必要な箇所を整えたら、次はロングヘアードの体毛をそろえましょう。
耳の周りや首筋に生えた余分な綿毛を指で抜き、ナチュラルな感じをだします。痛そうにも見えますが、生え替わった毛なので強くむしらない限りは大丈夫です。
ただし、耳周りの毛は一度抜くとなかなか生えてこないので気をつけましょう。

手で整えたらいよいよ全身のカットです。ロングヘアードは『フラッグテール』が特徴なので、切りすぎないようにしましょう。

まずは先にブラッシングを行い、毛先を整えます。その後、先端の毛を少しねじり、はみ出た部分を鋤きはさみで切りそろえます。
そして尾先を持ち、先端から広がるような三角旗になるように毛先を切りそろえましょう。できあがるとフラッグテールという名前も納得の仕上がりとなります。

全体を通していえることですが、ロングヘアードのダックスフンドのトリミングは、はさみをよく使います。
皮膚や目などを傷つけないよう、できるだけ刃先は犬に向けないように気をつけてください。
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。