月に1度はしてあげよう!ミニチュアダックスフンドのシャンプーの仕方

スポンサードリンク


人が毎日シャンプーをするように犬も月に一度はシャンプーをしてあげましょう。
そこで今回はダックスフンドの正しいシャンプーの仕方を紹介していきます。

月1必ず行おう ミニチュアダックスフンドのシャンプーの仕方

毎日ブラッシングをしたり、暖かいタオルで拭っても汚れや体臭は目立ってきます。定期的にシャンプーし、被毛の汚れや皮膚の老廃物を取り除くようにしましょう。
スムースヘアーとワイアーヘアードは毎日蒸しタオルで拭くようにすれば月1回で構いませんがロングヘアードは月2回行いましょう。シャンプーのしすぎは帰って被毛や皮膚を痛める原因になるので気をつけましょう。
シャンプー液は犬用の低刺激なものを使い、毛質にあったシャンプーを選びましょう。

シャンプー前は必ずブラシとコームで毛玉やもつれを取り除きましょう。道具類は事前にそろえておき、丁寧かつ手早くシャンプーを行うことで犬の負担を減らしましょう。

こんな時にシャンプーするのは止めよう

シャンプー前のブラッシングで、目や耳に異常が見られた場合。あるいは下痢や発熱などで体調を崩している場合はシャンプーを控えましょう。他にも発情中や妊娠中。産前産後の牝犬も控えた方が良いでしょう。
子犬をシャンプーするのは予防接種を済ませて数週間後からが無難です。外への散歩が認められてさらに1週間後ぐらいがベストです。

ミニチュアダックスフンドのシャンプーの仕方

まずはお尻からシャワーをかけます。シャワーの温度は人肌程度に設定し、水圧も強くない程度に抑えましょう。シャワーをかけるときは後ろ足から行いましょう。
お尻で調整したら、全身にシャワーをかけてお湯を皮膚まで十分浸透させます。
続いて頭にシャワーをかけます。鼻や耳にお湯が入らないよう、手で該当する部分を押さえましょう。水しぶきを嫌がる場合はシャワー口を身体に密着させるとなおいいでしょう。

全身にお湯をかけたら、肛門嚢を絞ります。片手で尻尾を持ち上げ、親指と人差し指で押し絞って、お湯でよく流します。
勢いよく肛門腺液が飛び出すことがありますので、不安な方はティッシュを間に挟むと良いでしょう。また、肛門腺液がたまりすぎると、炎症や破裂の原因になります。シャンプーの際は必ず絞り出しましょう。

肛門を絞り終えたら、いよいよシャンプーをかけましょう。あらかじめ水で薄めておいてシャンプー液を全身にかけ、泡立てます。かき回さずに手のひらや指の腹を使ってマッサージするように泡立てながら皮膚を洗います。
お腹や手足、尻尾、耳、顔の順に洗っていき、細かいところは丁寧に洗っていきましょう。
手足であればパッドや指の間、尻尾は脇下やまたの下、耳はシャンプーが入らないよう飾り気を両手で挟んでもみ洗いし、顔はあごを上に上げて指の腹を使って目のしたら口の周りを優しく洗いましょう。

全身を洗い終えたらすすぎましょう。シャンプー液が残ると皮膚病の原因になるので十分にすすぐことが肝心です。特に顔はお湯が目や耳の中に入らないよう注意しましょう。シャンプーが流れ出して目に入ることもあるので気をつけましょう。
特にまた板やお尻は残りやすいので、最後には手のひらに水を取り、目の中もすすぎましょう。

シャンプーを流し終えたら、リンスも行いましょう。シャンプーと同じ要領で各部分をなじませていきましょう。ロングヘアードの場合は時々トリートメントも行い、毛のつややかさを維持することも大切です。
もちろんリンスも洗い流すようにしましょう。これも残ると皮膚病の原因となります。

シャンプーとリンスを終えたら、足先や飾り気を軽く絞って水気を取ります。毛が長いほど水気が残りやすいのでよく絞りましょう。
絞り終えたらタオルを掛けて上から抑えるようにし、全身の水分を十分に取りましょう。このとき、身震いして全身の水気を飛ばそうとします。辺りに水が飛び散って驚くかもしれませんが、無理に止めるとストレスの原因となるのでさせてあげましょう。もちろん飛び散っても大丈夫なように周りにタオルをおいたり、お風呂場で身震いさせるようにしましょう。

水気が飛んだら静電気防止スプレーをかけたのち、ドライヤーをかけます。静電気防止スプレーは特に毛が長く、静電気がたまりやすいロングヘアードにとって必須といえましょう。
ドライヤーは温度と風力に気をつけながらかけていきます。根元までしっかり乾かす必要がありますが、あまり当てすぎるとやけどしてしまうので、同じ場所ばかりに当てないようにしましょう。また、ドライヤーをかけながらスリッカーやピンブラシで毛を伸ばし、寝かせていくと乾きやすく、整えやすくもなります。

全身を乾かし終えたらコームで毛を整えて終了です。
シャンプー前とあととでは見違えるように毛質が違います。大変な作業ですが、ミニチュアダックスフンドの健康のためにも月1回は必ず行いましょう。
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。