ミニチュアダックスフンドの成長に合わせた必要な対応

スポンサードリンク


ダックスフンドに関わらず犬種によって対応を変えていく必要があります。
ここではその成長に合わせた対応について紹介しています。

ミニチュアダックスフンドの成長に合わせた対応を

ミニチュアダックスフンドが成犬扱いされるようになるのは生後18ヶ月頃(1年3ヶ月)頃からです。
ミニチュアと付いているだけあり、成犬になっても小さいままですが、元気にすくすくと成長していく様は愛らしく、良いものです。

ミニチュアダックスフンドもまた、成犬になると食事や運動量も変化します。同時に上下関係を強く意識するのも成犬からです。飼い主はリーダーとしてしっかりミニチュアダックスフンドと向き合い、立場を守りながら暮らしを共にしましょう。

成犬は5~6年続き、7歳からは老犬期と言って差し支えないでしょう。とはいえ、ミニチュアダックスフンド野中には15年生きた長寿もいます。天寿を全うするまでしっかりつきあいましょう。
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。