ミニチュダックスフンドにストレスを与えないための方法と環境

スポンサードリンク


愛犬が落ち着いて身体を休めることができる環境を作ってあげることは非常に重要です。
サークルやくつろぐスペースなどしっかりと確保してあげましょう。

ミニチュアダックスフンドが安心して休める居場所を作るには

ミニチュアダックスフンドは小型犬ですが、野外で飼う犬の犬舎と同じく、一人になってくつろげるスペースを確保しておきましょう。
部屋はみんながいつも集まるリビングなど、その片隅にサークルやケージをおいて犬専用のスペースにしてあげましょう。
サークルであれば、中にベッドを入れ、空いているスペースにトイレシートを敷いておけば、サークル内でトイレのしつけもできるので非常に便利。もちろん排泄後はすぐシートを取り替えましょう。
食事の時は食器をサークル内にいれましょう。食事後にも犬は排泄を行うので、手間がかからなくて非常に便利です。

犬をくつろがせるサークルは、家族の外出時に犬を大人しく留守番させるのにも便利です。
サークルの中に入れておけば、一人にされた不安から破壊衝動を起こす心配も無く、住み慣れた囲いの中は犬の気持ちも収まり、吠え立てることもありません。
お気に入りのおもちゃ名祖を与えておけば、留守番時も安心です。

サークルは天井があるものを選びましょう。
天井の無い柵型のサークルは、犬が無理に出ようと後ろ足で立ち上がって無理な背伸びをしてしまいます。加えて足を踏み外して腹部を柵の先端を圧迫したり、着地に失敗して顔や前足にケガを負う危険性もあります。

狭くて窮屈なサークルを愛犬の大好きな場所に変えよう

しかし、何よりも大切なのは『サークルの中が一番安全で落ち着ける場所』と言うのを自覚させることです。そのためには飼い主が日頃からいろんな工夫を凝らし、犬に覚えさせなければなりません。
サークルから出して部屋を自由に走り回らせることも必要なことです。しかし、そのためにサークルにいるのを嫌がっては本末転倒です。
サークルの中がミニチュアダックスフンドにとって安住の地であることを理解してもらえるよう、いろんな工夫をしてみましょう。

ちなみに、季節によって室内の温度も変えるようにしましょう。
特に季節の変わり目である1月、3月、7月、11月は体調を崩しやすいので、早めの対応を。空気が乾燥しやすい冬場には加湿器を置いても良いでしょう。
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。