ダックスフンドの子犬が家に来る前にやっておくことと一番最初におこなうしつけ

スポンサードリンク


ダックスの子犬を受け取ったらまずは準備しておくことを忘れないように。
最初のしつけもしっかりと。

ミニチュアダックスフンドの子犬を受け取る前に

子犬を受け取る際は、前の飼い主からこれまでの食事内容や量、時間などを聞き、できれば同じフードを少し分けてもらいましょう。排泄のしつけ方や予防接種を済ませているかどうかも聞き、解らないところはどんどん訪ねましょう。
また、子犬の不安感を和らげる意味でも、今まで使っていたタオルやお気に入りのおもちゃがあれば可能な限りもらっておきましょう。

ミニチュアダックスフンドは慣れるまで様子を見よう

もらい受けたら、いよいよ親元を離れて自宅に向かいます。親や兄弟などと離れ、見知らぬ場所にやってくるのですから不安もいっぱいです。一日でも早く慣れさせたいと触ったり、可愛がったりしたくなりますが、まずはそっとしておきましょう。
子犬は移動の際に見知らぬ場所に対してストレスを抱え込みがちです。触ったり可愛がる人も全く知らない人。そんな知らない人に触られれば、ますますストレスがかかります。
なので、家に到着して一番にやるべきことは用意しておいたサークル内のベッドに、子犬が今まで使っていた敷物を入れて、そっと休ませることです。

夜は電気を消さずにしておきましょう。夜鳴きをするかもしれませんが、構うと鳴くのが治らなくな利ます。近所迷惑とも考えず、ゆったりと構えて1日でも早く安心して新しい環境に慣れて欲しいとでも思いましょう。

慣れるまでは子犬のペースに合わせて飼い主も動きましょう。眠たいときに寝かせ、遊びたいときに遊ばせることでストレスも解消されます。ミニチュアダックスフンドの子犬は好奇心旺盛なので、目を離さないようにしましょう。
また、部屋の臭いをかぐことで子犬自身に『ここは安全な場所』と理解されることも重要です。もちろん危険な行為をしそうになったら『ダメ』としつけましょう。

トイレのしつけはもらった初日から!

子犬を迎え入れた翌日から、トイレのしつけを始めておきましょう。ミニチュアダックスフンドはトイレのしつけに多少時間がかかる犬種ですが、焦らず根気よくしつけましょう。落ち着いて世話ができ、しっかりしつけを行える連休最初の午前中に迎え入れると、しつけもスムーズにはかどります。

食事の後や遊んだあと、寝起きなどで床の臭いをかぎ出したり、ぐるぐる回り始めたら排泄のサインです。子犬の行動をよく観察し、タイミングを逃すこと鳴くトイレに連れて行きましょう。うまくトイレで排泄できたら思いっきりほめることも忘れずに。
食べ物はしばらくの間、今まで食べていた内容と同じものを与え、徐々に自分の家で与えたいものに変えていきましょう。

畜犬登録と予防接種はお早めに

生後90日を過ぎた飼い犬は、市町村の役所に畜犬登録する必要があります。登録すると登録ナンバーの入った鑑札が交付され、犬の首輪に付けることで愛犬が迷子になっても飼い主が解るようになっています。
同じく、狂犬病の予防接種も行いましょう。このときに伝染病から子犬を守る『混合ワクチン接種』をしておくと安心です。様々な種類がありますが、とりあえず7種混合ワクチンを打っておけば心配いりません。
生後55~60日頃に1回目を、生後90日前後に2回目を行い、2回目から1週間後には外に出ても大丈夫な身体となります。

愛犬からはストレスだけではなく、病気やケガからも守らなければなりません。もちろんしつけ重要です。
これらを全て行うのは飼い主の使命といえます。
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。