ミニチュアダックスフンドの適正体重と肥満かどうかの調べ方

スポンサードリンク


愛犬の健康状態や体型に気を遣ってあげることは飼い主として当然のことです。
特にダックスの場合は、身体も小さいために数キロの体重の増減でも体に大きな負荷がかかってしまいます。
食事の上げ方、運動量などなど、ダックスフンドの体重を考えながら管理していくようにしましょう。

肥満に注意 ミニチュアダックスフンドの適正体重はいくつ?

ジャパンケネルクラブ(JKC)のスタンダード(犬種標準)では、ミニチュアダックスフンドの適正体重は4.8kgが上限となっています。
しかし、これが絶対という訳ではありません。あくまで理想体重であり、8kg以上のチャンプ犬もいるので侮れません。スタンダードの体重を上回っていても、その犬が太り過ぎなどで無ければ、そこまで深く気にすることはありません。

大切なのはその犬の健康な時のベスト体重を把握しておくこと。そしてベスト体重を超えないように定期的に体重測定を行い、食事と運動を徹底することです。
ミニチュアダックスフンドは肥満になると背骨や足ににかかる負担も強いので気をつけましょう。

あなたのミニチュアダックスフンドは大丈夫?肥満の調べ方

太りすぎかどうか調べるには、犬の肋骨に指を当てましょう。左右からあてて1本1本指先にはっきりと感じられるなら正常。かろうじて解る程度なら太りすぎです。運動量を増やすなどして、愛犬をダイエットさせましょう。
食事量を減らすというのも一つの手ですが、かわいそうならキャベツの千切りなどを混ぜて空腹感を抑えてあげるのも良いでしょう。

愛犬の肥満は万病の元!

長い胴に短い足という特異な身体を持つミニチュアダックスフンドは、背骨や腰に負担がかかりやすい犬種です。そのため椎間板ヘルニアや背骨の異常を起こしやすく、肥満はこれらの病気を助長させます。
他にも糖尿病や心臓病の原因にもなるので、油断せずに食べ過ぎには警戒し、毎日の運動も欠かさず行いましょう。

1日に与える食事の目安

ミニチュアダックスフンドに食事を与える場合、他の犬種と同様に成長期にもっとも沢山与え、徐々に減らしていく形になります。迎え入れてしばらくの食事も、無理に食べさせる必要はありません。
しかし、慣れて成長していく生後2ヶ月から6ヶ月は1日3回与えても良いでしょう。これは成長するために大量のカロリーが必要なためです。ケチらずに適量を与えましょう。
そして7ヶ月を過ぎたら食事量を1日2回に抑えていき、1年半を過ぎたら1回にしましょう。成長期と反して成犬になると成長に必要なエネルギーをそこまで必要としなくなるので、そのまま食事を与えすぎて肥満なんてケースも珍しくないのです。

食事内容はドライフードさえ与えれば問題ありませんが、毛づやをよくするために黒ごまをすったものや大豆油、鶏レバーをフードに少量混ぜても良いでしょう。
食事の際は必ず新鮮な水を用意するのを忘れずに!
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。