ミニチュアダックスフンドの適切な運動量や散歩 それらがもたらす効果とは?

スポンサードリンク


犬を飼う時は必ず運動量なども管理してあげる必要があります。
適切な運動量で、適切な頻度で散歩に行ってあげることが大切です。
ここでは一日の運動量や、ダックスの散歩の仕方などを紹介していきます。

1日1回野外で運動!ミニチュアダックスフンドの散歩の仕方

ミニチュアダックスフンドは身体が小さいため、愛玩犬のような扱いをする人が多い犬種です。しかし、スタンダードのダックスフンドを小型化した猟犬だけあり、毎日の野外運動は欠かせません。
2回目の伝染病予防接種が済み、ワクチンの効果が出る生後4ヶ月までは室内で遊ばせ、それ以降は朝晩2回、最低でも1日1回は外へ連れ出し、20~30分くらいの散歩を犬と一緒に楽しみましょう。

ミニチュアダックスフンドと毎日散歩 それがもたらす効果とは

1歳前まではまだ骨格が完全で無いため、リードを無理に引っ張ると間接を痛めたりすることもあり、運動時間も長くやり過ぎるのもよくありません。
毎日の運動は身体のためだけでは無く、室内にいることの多いミニチュアダックスフンドのストレス発散にも効果的。飼い主の家族以外の人や他の犬と接することで、広い社会を知っていくのにも役立ちます。
また、飼い主もダイエットの効果があり、日頃の運動不足にも効果があります。

特にトロット(速歩)での運動は散歩に最適です。
リードを短く持ちすぎて犬の首をつり上げないよう、始めるのは生後6ヶ月くらいになってからにしましょう。
また、筋肉の発達を促すものの、長距離になると関節を痛めてしまいます。1歳までは長い距離を避け、近場で練習しましょう。
成犬のミニチュアダックスフンドが必要とする1日の運動量は、距離にして2~3km、散歩1回につき20~30分がベストです。朝晩2回連れて行くことで、愛犬のストレスをリフレッシュしてあげましょう。
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。