愛犬のダックスフンドに最適な獣医師の選び方 飼う上で気を付けること

スポンサードリンク

大切な愛犬に快適な生活を送ってもらうためには行きつけの獣医師を決めておく方がいいです。急に体調が悪くなってしまうことがありすぐに看てもらえる環境作りもものすごく大切です。では良い獣医師さんはどのように見つければいいのでしょうか?

飼い犬のためにも口コミで評判の良い獣医師を選ぼう

愛犬が病気になってから動物病院を探したのでは遅すぎます。健康なうちに信頼できるホームドクターを見つけ、常日頃から信頼関係の構築に努めましょう。
健康なときの愛犬の体質などをよく知っておけば、病気になったときに誤診を恐れずに済むでしょう。

もし近所で犬を飼っている人や、公園などに犬を連れて集まっている人たちが居たらそこから情報を集めても良いでしょう。検便や健康診断に愛犬を連れて行くことで、獣医師が仕事に対し、どのようなスタンスで取り組んでいるのか、診察室が清潔かどうかをチェックすることができます。

良い動物病院を見極める方法として、

・遠くの大病院より近くの病院
・評判が良い
・診察室が清潔
・病状などを詳しく説明してくれる
・料金の明細がわかりやすい

があげられます。近い動物病院の方が何かと便利ですが、もし評判が悪かったり合わないようでしたら、別の病院にかかることも一つです。

動物病院は自由治療が基本ですので、診察費に基準がありません。診療費や検査料などが病院によって異なり、大きな開きとなって現れることもしばしば。
料金が安いから良い病院とは限りませんが、近所の飼い主に相談の上で行くのが得策でしょう。

犬の病気に関しては、飼い主がある程度知識を持っているようにしましょう。それによって愛犬を病院へ連れて行った時、発症状況やその経過を医師に具体的に説明することができ、それが医師の正しい診断につながるのです。
便や嘔吐物があればそれを病院に持って行くことも大切です。ほんのわずかな手がかりが犬の病気を早く治してくれるのです。

同時に、獣医師を探し回る貯めに動物病院を転々とするのは止めましょう。1度決めたらその病院とおつきあいする覚悟で臨み、信頼関係の構築に励みましょう。
その為にも最初にホームドクターを選ぶ際は、慎重に慎重を重ねるようにしましょう

ミニチュアダックスフンドを飼う上で気をつけること

ミニチュアダックスフンドを飼う上で一番怖いのが『椎間板ヘルニア』です。ミニチュアダックスフンドの体格は非常にヘルニアになりやすく、無理に立たせると発症リスクもぐんと上がります。
肥満でもヘルニアを起こす可能性もあるので、太らせすぎには十分注意しましょう。
抱き方も背骨や腰に負担がかからないよう、脇から持たずお尻を添えるように持ちましょう

また、ミニチュアダックスフンドに限らず、伝染病予防のワクチンは必ず接種するものです。
ただ、ごくまれにワクチン接種でアレルギー症状を起こす犬も確認されています。生活の中でアレルギーの兆候が見えたら、医師に相談した方が良いでしょう。

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。