ダックスフンドを大人しく留守番させるためのしつけ方

スポンサードリンク


実はダックスフンドは犬種的に留守番が苦手なのです。
僕が以前飼っていたダックスも留守番が苦手だったようで、家に帰ると飛びついてきたり(もちろんその後しつけました)、たまに部屋が散らかっていたりしました。

しかし苦手な犬種といえど、しっかりしつけることによって大人しく留守番させることができますので根気強くしつけていくようにしましょう。

ミニチュアダックスフンドを大人しく留守番させるには

飼い主もたまには犬に留守を任せなければいけないときが出てきます。
犬は孤立を恐れる動物なので、1匹になると部屋を散らかしたりものを壊すなど、本能のまま振る舞うことがあります。しかし、ハウス(クレート)の中で大人しくさせることにより、このような破壊行動を防ぐことができます。犬は元から洞穴のような狭い場所で暮らしていたことから、広い部屋よりハウスのような狭い場所を好むと言われているからです。
もちろん愛犬画素のような事情を理解している訳も無く、大人しくさせるにはまず『ハウスの中は居心地が良い場所』と認識させることが重要です。
ハウスの中でも水がすぐ飲めるよう準備し、おもちゃを入れるなどして退屈させないようにしましょう。

間違ってもお仕置きでハウスに閉じ込めてはいけません。ハウスそのものの印象が悪くなるだけならまだしも、動物病院などに連れて行く際に入りたがらない。ハウス入れて連れてきたことによって動物病院そのものを嫌う可能性もあります。

そんなハウスにミニチュアダックスフンドをすんなり入れるには、家族の姿が見える場所におくことが一番です。その上でタオルを敷いたり、お気に入りのおもちゃを入れたりして、犬が快適に過ごせるようにしましょう。大切なのは犬にハウスを『お気に入りの場所』と思わせることです。

ハウスの中で大人しく待つことを覚えさせよう

ハウスの中を『お気に入りの場所』と覚えたら、飼い主の指示でハウスに入るようにするしつけを覚えましょう。
まず最初に『ハウス』の声とともに犬のお尻を軽く押し、中に入るよう催促します。そして中に入ったらすぐほめましょう。こうすることで『ハウス→ハウスに入る指示→ハウスに入ると喜ばれる』と犬に思わせることができるのです。おやつなどで誘導し、中に入ったらごほうびとしてそのおやつを与えるのも一つです。

慣れてきたら『ハウス』の言葉だけで入るようになるます。そうしたら少し離れた場所からでも入っていくようにし、今度は中で待つ訓練を行います。
とはいえ『ハウス』よりは簡単です。吠えても無視し、大人しくなったら外に出してほめてあげるだけです。
こうして最終的に、飼い主がそばにいなくても大人しく待てるようにしつけていきましょう。
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。