ダックスフンドの散歩するときのしつけ方(ツケ)リードの慣らせ方も

スポンサードリンク


ダックスフンドという犬種によっても性格は大きく違います。
そこで、ツケやリードへ慣れさせるしつけも早いうちにやっておいた方がいいのです。
ということでここでは、リードについては散歩時のしつけについて紹介しています。

ミニチュアダックスフンドには『チョークカラー』をつけよう

散歩は犬にとっても飼い主にとっても楽しい時間です。健康のため歯もちろん、社会性を身につけるうえでもたいせつなこと。しかし、ちゃんと飼い主について歩くことは簡単そうで、意外と難しいものです。しっかりマスターさせ、飼い主に追従するようにしましょう。

そのためには首輪とリードが欠かせません。これなしに犬を散歩させることはできず、リードなくして散歩というのは慣れた犬でも至難です。また、リードは単に犬をどこかに行かないようにするための拘束具だけでは無く、飼い主と愛犬とをつなぐコミュニケーションツールでも有るのです。
とはいえ、最初から首輪やリードを付けても嫌がるだけです。まずは室内で細めのリボンを緩めに首に巻いて遊ばせ、慣れてきたらリボンに細い眺めの紐を付けます。
そして遊ばせながら紐を引っ張り、さらにリードをつなげば、あとは散歩時のしつけだけです。

さて、ミニチュアダックスフンドのような小型犬には太くて重いリードは合いません。細くて軽いリードを使い、できればリードと首輪が一体化した『チョークカラー』を使いましょう。
また、子犬の時と老犬の時でリードを使い分けるのも大切です。子犬の時は動きをコントロールしやすいようにチョークカラーを。老犬になったらのどや肺を痛めないように胴輪を使うと良いでしょう。
いずれも身体の大きさに合った細さと軽さを選びましょう。

散歩のしつけは『飼い主主導』が大前提

散歩のしつけのポイントは、常に飼い主が主導権を握るように動くことです。
散歩に出かける時は飼い主が先にドアや門を出るようにし、歩くときは飼い主のあとを犬が付いていく形で進めていきます。
もし、犬が吠えて散歩をしたがったり、飼い主を引っ張って先に進もうとしているのであれば、まだしつけがなっていません。
まずは散歩の主導権が飼い主にあることを覚えましょう。

散歩のしつけをマスターしよう!

外出時に勝手に動き回らないようにするには『ツケ』と『アトヘ』を覚えさせましょう。
まず、犬の横に立って『スワレ』と言い、犬を座らせます。先に座らせてから横に立っても構いません。その状態で1、2歩歩き『ツケ』と言って犬が自分の隣に来るよう呼びます。
そして、そのまま横へ歩いて来たらほめ、またスワレをさせます。左側に壁がある場所で行うと、まっすぐ歩くしか無くなり、しつけがはかどります。

ツケができたらアトヘも覚えさせましょう。
歩いているときに犬が前に出ようとしたら『アトヘ』と言って制止しましょう。
よく出来たらほめてあげますが、できずに前に出るときは立ち止まり、リードを軽く引いてショックを与えます。これを何度も繰り返しましょう。
軽くショックを与える程度で良いので、強く引っ張りすぎないようにしましょう。ケガの原因につながります。

ツケとアトヘができたら散歩も間近です。
あとは『アトヘ』の応用として、左右に曲がれるようにしましょう。
左と右とでしつけ方が違い、左の場合は曲がる直前に指示を出し、リードに軽く合図を与えます。
このとき、右足を犬の前に出すようにしましょう。
一方右に曲がる場合、指示なしでそのまま曲がりましょう。犬が離れずに付いてきたら『ヨシ』と声をかけ、ほめましょう。

こうしてしつけをマスターしたら、近隣の公園まで散歩し、実践してみましょう。
うまく散歩できたらほめてあげましょう。そうすれば反抗的な態度も収まることでしょう。
ちなみに、犬は暑さに弱い動物です。特にミニチュアダックスフンドは短い足のせいもあり、アスファルトの照り返しをもろに受けてしまう犬種ですので、夏場は日の出前や日の入り後に行うことをおすすめします。

飼い主のマナー

散歩の際、愛犬のしつけだけでは無く、飼い主のマナーも大切です。
よその家の玄関先や公園の砂場に排泄しないようにしつけ、フンをしたらちゃんと回収しましょう。
また、汚してしまった部分を洗い流すために水を入れたペットボトルを用意しておくと良いでしょう。

散歩のあとの手入れも忘れずに

散歩から帰ってきたら被毛と爪、足の裏の手入れを行いましょう。
公園などの草むらがある場所にはダニやノミ、植物などが毛に絡まることがありますので、丁寧にブラッシングして取り除きましょう。
足の裏にもゴミがたまりやすく、汚れていることもあるのでちゃんと拭きましょう。足裏の毛は日頃から短く切りそろえると手入れも楽になります。

ブラッシング後は蒸しタオルなどで全身を拭いてあげると、マッサージ効果もあって良いでしょう。そして手入れが終わったら、暴れなかったことをほめてあげましょう。
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。