ダックスフンドを留守番させるときはどこで大人しくさせるのがベストか?

スポンサードリンク


留守番をさせるときには皆さんどうしていますか?
一人でいるのが苦手な犬種のダックスは、その性格にあった留守番のさせ方が重要になります。

ミニチュアダックスフンドの留守番はケージやサークルの中に入れよう

犬は元々群れで暮らしていたい動物なので、一人でいるのが苦手です。最近では室内で飼う『室内犬』も多くなり、一緒にいる時間が長くなっている傾向が見られます。
そのため、飼い主とひとたび離れるといろんな問題行動を起こす『分離不安』を起こしやすくなっています。普段は良い子にしているのに、留守番となると家の中を荒らし、粗相をするのは分離不安が起こす現象です。分離不安を直すには、飼い主との間にしっかりとした信頼関係を構築することが大切です。

上手に留守番を慣れさせるには

分離不安を起こす飼い主の中には、普段の生活でミニチュアダックスフンドを甘やかせすぎたり、過保護になっているケースも見られます。このような振る舞いは犬の自立心が欠けてしまい、孤立した際の不安を一層強めます。したがって飼い主のリーダーシップ、要するに『リーダー見捨てたりしない』という信頼関係を持たれなければなりません。
もっともわかりやすい例が『忠犬ハチ公』の話です。飼い主との信頼関係がきわめて強い犬は、飼い主が亡くなったあとも待ち続けるほどに強い信頼関係を持つ動物なのです。

そこまで忠誠心を持たなくても構いませんが、飼い主が外に出たときぐらいは大人しくして欲しいもの。とはいえ、飼い主がいなくなると非常に不安になるのが犬というものです。
したがって、初めのうちは出たり入ったりを繰り返し『外出しても必ず戻ってくる』永久から競ることが大切です。
また、出かけたあとに大げさに犬に挨拶すると、何かあるのでは無いかと興奮させてしまうので、できるだけ出かけるときは素っ気なく出るようにしましょう。
また、普段から出かけない場合でも外出着を着たり、鞄を持って部屋を出たりするといった行為を繰り返すことにより、実際に出かけるときに犬に気づかれにくくなるのです。

外出から帰ってきても、部屋の中が荒らされていても叱ってはいけません。
もし叱ってしまうと、犬は『飼い主の関心が引けた』と思い込み、何度でも荒らしてしまいます。叱らず、とにかく無視しましょう。

いずれにしても留守番のしつけが完成するまでは、外出したあとは部屋の片付けになることでしょう。そんな片付けの手間を少しでも省く意味でも、犬の留守前には運動させたり、排泄を済ませるようにしましょう。
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。