「座れ・待て・来い」を食事のタイミングでしつけ「よし!」と言うまで食事を待たせる

スポンサードリンク


食事を与えるときは必ず決まったタイミングで与えるようにしましょう。
待てや来いなどのしつけをしっかり行うことによって、食事のマナーも良いものになります。

食事のしつけで『スワレ』『マテ』『コイ』を教えよう

食事は毎日決まった場所、決まった時間に与えるようにしましょう。与える内容も基本的に同じものが良いでしょう。与えるときは飼い主の合図にしたがってためるようしつけ、食事を催促されて早い時間に与えてしまうと、何でも言うことを効くと思い込み、後始末が大変になります。
また、人間が食事中に犬がねだっても、絶対に無視しましょう。テーブルにあるものは人間の食べ物です。しつけが崩れるだけでは無く、病気の原因にもなります。
さらに、子犬は食事中に遊び出すこともあります。遊び始めたらその場で食器を片付け、一定時間内に食べ終わるようにしつけましょう。

飼い主の『ヨシ』まで食事を待たせる

ヨシまで行くには、まずは『コイ』と『スワレ』、そして『マテ』を教え込む必要があります。
コイは河岸で食器を下に置き、『コイ』と呼びます。来たらほめてあげますが、叱ってはいけません。コイは基礎訓練の中でも難しいしつけですので、根気よく覚えさせましょう。
コイができるようになったら『スワレ』と言い、飼い主は食器を掲げるように持ちます。すると、犬は上を向いて自然とスワレの姿勢を取ります。もししない場合は後ろ足をたたむようにして座らせましょう。

スワレができたら次は『マテ』です。
うまく待てたら必ずほめ、徐々に待ち時間を長くしておきましょう。この『マテ』は日常生活でも役に立つので、しっかりしつけましょう。

飼い主が考えている時間マテができたら、『ヨシ』の合図で食べさせます。時間は飼い主で決めても良いですが、初めのうちは短く、徐々に長くしていきましょう。
これらのしつけはすぐにできるようなものではありません。根気よく食事の時にしつけていきましょう。
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。