ダックスフンドのしつけを始める一番のタイミングは子犬の時期から しつけを成功させるコツ

スポンサードリンク


ある程度の社交性が身についてしまってからしつけをするよりも、子犬の頃からじっくりと少しずつしつけをおこなっていくことが大切です。
賢いダックスにするためのしつけに最適な時期と成功するトレーニングにするためのコツを紹介しています。

ミニチュアダックスフンドのしつけは子犬の時期からが重要!

犬を飼う上でしつけは欠かせない要素です。『犬をしつけられない人に犬は飼えない、飼わせない』と言っても過言では無く、しつけのなっていない犬がもたらす問題行動はあなただけの問題では無く、もはや社会問題と言っても差し支えないのです。
近隣住民の安全はもちろん、愛犬家の評価を下げないためにも、飼い主がしっかり犬をしつけなくてはいけません。

そして、犬のしつけは早ければ早いほど効果があります。同じしつけでも子犬と成犬では覚え方が違い、子犬の方が断然早く覚えます。そもそも、十分なしつけが無いまま成犬になった犬は、『しつけられる』と言う行為が理解できず、人間不信になることも珍しくありません。当然そのような犬を育てるのは一苦労です。

だからこそ、早い段階から飼い犬をしつけましょう。基本となるしつけができていれば、新しいしつけを行うときも楽になります。小さい頃にしつけず、甘やかせている犬ほど後に大きな問題を起こし、しつけが大変になる……まさに因果応報と言うべき話です。

しつけは時代とともに変わる

かつて、しつけは叩いたり大声で叱ることが当然だった時代があります。今となってはそのようなことをすれば動物愛護の法律で罰せられても仕方ないものですが、これが認められていた時代は確かにありました。今となっては、このようなしつけ方は犬と人間との信頼関係を損ねるとしてタブーとなっています。
叱らずにしつける方が犬にとっても人にとっても、より効果の高い方法というのが現在のしつけ方ですが、今後、もっと良いしつけ方が出てくるかもしれません。その時は『昔はこうだった!』と言わず、新しい方法を試みるのも、人間としても良い刺激になるでしょう。

犬に良いことと悪いことを覚えさせるには

しつけの基本は『しても良いことはほめる』『して悪いことはしつける』のが一般的です。気分次第でほめたり叱ったりしては犬も混乱するので、行動の直後にほめる(しつける)といったメリハリが必要です。

良いことをした場合、すぐにほめておやつを与えるのも良いでしょう。そうすることで犬は『良いことをすれば飼い主は喜んでくれるし、おやつも出てくるかも』と思い、同じ行動を取るようにします。

逆に悪いことをした場合、つい大声を出して叱ってしまいたくなります。しかし、大声で叱っては犬は萎縮してしまう、あるいは反抗的な態度を強めることになり、どちらも今後のしつけによくありません。
犬にとっては『飼い主に叱られる=悪いこと』では無いので、その場で止めても飼い主のいないところで悪さをすることだって有ります。

したがって、見たらすぐに『イケナイ』『ダメ』と低い声で短く言い、しつけるのが大切です。
あるいは飼い主がいない場所で不快なことが起こる『天罰方式』も一つです。直接飼い主が叱るのでは無いので、飼い犬も怖がってしまうようになりますが、犬の行動そのものを萎縮させてしまうので、おすすめできない方法とも言われています。

トレーニングを成功させる4つのコツ


1:しつけの言葉は短い言葉で
2:トレーニング時間は5~15分
3:犬が疲れてるときはトレーニングをやめよう
4:飽きないよう、場所を変えてトレーニングを

いずれに共通する内容として、犬の体調を考えてトレーニングを行うようにしましょう。
無理なトレーニングは信頼関係を損ねるだけではなく、ケガや後遺症にもつながります。
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。