ミニチュアダックスフンドの多頭飼いのしつけ方のコツ

スポンサードリンク


可愛いくて愛らしい犬種のダックスフンドなので、一度にたくさん飼いたいと思う方も多いと思います。
そこで覚えておきたい多頭飼いの注意点やコツなどについて紹介していきます。

ミニチュアダックスフンドの多頭飼いは一匹目からしつけよう

複数の犬を飼う『多頭飼い』は犬を飼う人であれば1度はあこがれるもの。特に小型犬はスペースを取らないため、多頭飼いにあこがれを持ち、実践する人も多くいます。
犬は元々群れで暮らしていた動物ですので、犬にとっても仲間が増えることは悪いことではありません。

しかし、だからといって無計画に多頭飼いを始めると大変なことになります。上下関係を決めるために頻繁にケンカし、リーダーの地位すらも危うくなります。権勢症候群にかかってしまえば1匹だけでも大変なのが、多頭に増える訳ですからなおさらです。
多頭飼いを考えるのは、まず1匹をしつけてからにしましょう。そして、体重や体格の著しく異なる犬を一緒にさせないようにしましょう。

多頭飼いのコツは『位置づけ』にあり

多頭飼いには、すでに1頭飼っている所もあれば、1度に新入りを複数頭飼い始めるパターンが有ります。多くは前者なのは言うまでも無いでしょう。
いずれもしても最初に飼っている犬をきちんとしつけてから新しい犬を迎えるようにしましょう。1頭目のしつけができていない状態で2頭目を飼い始めると、2頭目が1頭目の悪い部分をまねして問題が2倍になることもあり得ます。
しかし、何よりも大切なのは犬同士の『位置づけ』です。わかりやすく言うと『優先順位』とでも言いましょうか、群れ社会を形成する犬にとって順位ほど重要なものはなく、上が下に従うのは当然の生き物なのです。

したがって、飼い主(人間)を頂点とし、先にいる犬を2番、そして新入りは3番とするのが理想的です。
この順位を実現するには、飼い主がしつける必要があります。例えば食事は順位が上の犬から、ドアを出るときも、リードを付けるときも先に済んでいた犬から始めることを徹底すると、自然と順位が決まっていきます。
ただし、先住犬が年老いると力もなくなるため、順位が逆転するケースも見られます。
このような状態でなおも先住犬を優先していると、上位となった犬が先住犬を攻撃することもがあります。順位は常に気を配り、観察するようにしましょう。

多頭飼いにおすすめな組み合わせ

多頭飼いと言っても、種類によって様々です。
例えばオス同士で有れば、闘争心の強さから順位争いが激化し、しつけを行わないと大けがにつながります。メス同士も気が合わなければケンカになりますし、発情期は特に気を配らなければなりません。
もっとも飼いやすいのはしつけのなされた成犬2匹でしょう。これまでのしつけによって異なりますが、始めて多頭飼いをしたい人にはお勧めです。
老犬のいる中に子犬を連れて行くのも、老犬を元気付ける意味でもおすすめですが、体力的な負担も大きくなるので気をつけましょう。
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。