ミニチュアダックスフンドの毛色や毛質

スポンサードリンク


ミニチュアダックスフンドの被毛バリエーションはさまざまで犬の外見は『毛質』と『毛色』によって大きく変わります。ここでは被毛や毛質について紹介しています。

ダックスフンドの毛質

ダックスフンドの毛質は

・スムースヘアード
・ロングヘアード
・ワイアーヘアード

の3種類があります。
一番ダックスフンドらしいポピュラーな姿を持つスムースヘアードは『ダックスフンドの原型』とも言われています。ビロードのようななめらかな光沢がかかった短毛は触るとほどよい堅さを感じさせてくれます。
逆に長毛種であるロングヘアードは、わずかにウェーブかかった体毛を持ち、耳の先端や首下、しっぽの裏に飾り毛を持っています。全体的に優雅な雰囲気を持つロングヘアードは室内犬としても大変人気で、一番人気の強いダックスフンドでもあります。
そしてスムースとロングの中間に当たるのがワイアーヘアードです。
身体の大部分は短い剛毛で覆われていますが、耳の毛はスムース。あごと眉はロングのように長く取られていて、ジェントルな雰囲気すら感じさせます。

いずれもミニチュアダックスフンドとして魅力的ですが、ここに加えられる毛色によってさらに印象が変わってくるのです。

ダックスフンドの毛色

ミニチュアダックスフンドノ毛色はバリエーションも豊富にそろっています。その種類は他の犬種に例を見ないほどと言われています。
飼い主に好みに合わせて選択することができ、これこそミニチュアダックスフンドの魅力ともいえます。カラーを違えて多頭飼いするという飼い主すらいるほどです。
その中でも代表的なカラーをここでは紹介していきます。

まずは『レッド』です。美しい光沢のある赤褐色をしており、黒い差し毛が付いているダックスフントもいます。
特に深みのある落ち着いたレッドを持つダックスフントは単色の中でも非常に人気が強い毛色です。

ポピュラーな色合いだと『ブラック&タン』になります。
黒の地色に目の上や胸元、足下にタンマーキングが入っており、ダックスフントらしい色合いになっています。

似た毛色だと『パイボールド』もおすすめです。
白地にレッドや黒&短などの斑、尾の先端が白になっており、ビーグルにも似た色合いになっています。白部分の分量は犬によって異なります。

細かいストライプを持つ『ブリンドル』も人気です。
地色に濃い色の細いストライプなので際立って目立つことなく、レッドブリンドルは黒みかかったストライプが特徴です。

単色系でレッドの次に人気があるのが『クリーム』。
黄色みが狩った明るい茶色から、淡い色合いまで数多くのバリエーションが存在し、シルキーな光沢と相まってきれいなダックスフントとなります。

『シルバーダップル』はワイアーヘアードとの相性が良い毛色です。
シルバーの毛に黒とタンの毛がまだら(ダップル)になって混じっているので、長毛種を際立たせます。
似た色では『チョコレートダップル』もあり、こちらはチョコ色の地毛にタンがまだらに入っています。

毛質と毛色によって好みも変わりますが、いずれもダックスフントの魅力でもあります。よく選んでお気に入りを探してみましょう。
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。