ダックスフンドは毛質によって性格が違う?毛質ごとの性格紹介

スポンサードリンク


ダックスのことをいろいろと調べていてわかったんですが、毛質によって性格が違うみたいですね。
毛質で性格が判断できるなんてちょっと驚きましたが、今回はそのことについて紹介してみます。

毛質によって異なるダックスフンドの性格

スムース、ロング、ワイアーの3種は、それぞれ異なった犬種との交雑によって作られました。そのため性格も少しずつ異なり、それもまたおもしろさがあります。
ダックスフンドを多頭飼いしている人も『まるで違う犬種を飼っているようだ』との声もよく聞きます。

毛質によって異なるダックスフンドのキャラクター

では、1種類ずつ紹介していきましょう。

まず『スムースヘアード』はヨーロッパに古くからいた短脚のハウンドとの交雑で生まれた、ダックスフンドの原型ともいえる存在です。体型や性格も3種のベースとなっており、容器で人なつっこく、従順で遊びが大好きな性格をしています。また、機敏で感覚が鋭いといった性格的特徴も魅力的です。
他にもなめらかでビロードのような短毛は手入れも簡単で、ミニチュアダックスフンドは大好きだけど、手入れに時間がかけられないという人にお勧めです。

続いて『ロングヘアード』です。ロングヘアードはスムースのダックスフンドにセターやスパニエル種の血が入っているため、温和で大人しく、人に甘えたがりな性質が加わっています。
3種類の中では一番愛玩犬としての要素も強く、室内でも温和な性格を十分に見せてくれるため、飼いやすく人気を誇る毛質でもあります。

最後は『ワイアーヘアード』です。ワイアーヘアードはスムースにミニチュアシュナウザーやテリア種の交雑によって生まれているため、勝ち気で気性の高い、活発でやんちゃなダックスフンドになっています。立派な眉毛や口ひげはテリア種の面影といえま巣が、単なる残りではなく、狩猟の際に目や口を保護する役目を果たし、悪天候の猟場でも活躍してくれる狩猟犬向きのダックスフンドです。
実猟に向いている犬だけあって性格の荒さも、被毛の手入れの難しさ藻ありますが、きちんとしつけ、手入れを怠らずに行えば優秀な狩猟犬として飼い主に仕えてくれます。
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。